JOURNAL

有名セレクトショップのプレス·バイヤーが一押しするサマースタイル!

【SHAKA】では毎シーズン多くの新作をリリースしていますが、どんな洋服に合わせればいいのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は〈B:MING by BEAMS〉と〈SHIPS〉のバイヤーやプレスの皆さんによる、おすすめのコーディネートをご紹介。ボトムスとのバランス感や色遣い、トレンドの取り入れ方などぜひ参考にしてみてください。

B:MING by BEAMSプレス

梅田悠貴さん

「ノスタルジックな雰囲気と起毛感がアクセントに」

着用モデル:別注 X-PACKER

梅田さんは〈B:MING by BEAMS〉の開襟シャツに〈Wrangler×B:MING by BEAMS〉のチノ、そして別注X-PACKERを合わせ、清涼感のある装いにまとめています。「全体的に淡いフェードカラーを使ってコーディネートしました。シンプルな印象になりがちですが、シャツのリネンや起毛感のあるX-PACKERが違いを生んでくれますね。今季は70年代のスタイルがトレンドで、今履いているようなシルエットのパンツとX-PACKERの組み合わせがおすすめです」

B:MING by BEAMSプレス

高橋咲さん

「シンプルに1点投入するだけで今を感じるスタイルになる」

着用モデル:別注 FIESTA

ナチュラルカラーが涼しげな〈B:MING by BEAMS〉のワンピースに、別注FIESTAを合わせアクセントとした高橋さん。「トレンドのレオパード柄を差し込みたくて、このモデルを選びました。レオパード柄は洋服だと難易度高めですが、サンダルならお手軽。落ち着いたカラーの洋服に合わせるだけでメリハリを効かせられます。〈SHAKA〉のサンダルは足裏の曲線に合わせてフィットしてくれるので、本当に履き心地が快適ですね」

SHIPSメンズカジュアル バイヤー

瀬谷俊法さん

「細いテープと薄いフォルムが全身に気品を漂わせてくれる!」

着用モデル:別注BAREFOOT SANDAL

風合いのある〈Battenwear〉のシャツとゆったりとした〈GREI New York〉のパンツに、コラボモデルのベアフットサンダルを合わせた瀬谷さん。「ソールが薄く、アッパーのナイロンテープも細めなのでカジュアルな印象になり過ぎないのがお気に入り。シャープなルックスなのに履き心地は快適なので、普段使いとしても愛用しています。足元が少し隠れるくらいのフルレングスに合わせるのが個人的にはおすすめ。スタイリッシュな雰囲気を演出できます」

SHIPS ウィメンズ プレス

杉田理央奈さん

「インパクトのあるアイテムに合わせやすいボリューム感」

着用モデル:別注 FIESTA PLATFORM

杉田さんの装いは、季節感のある鮮やかな〈ne Quitez pas〉のワンピースにボリューム感のあるFIESTA PLATFORMを合わせ、洋服とのバランスを考慮したスタイル。「このモデルは分厚いソールがアクセントになるので、少し派手めなワンピースや大振りなピアスが似合うと思いました。他にもアッパーのクロスデザインや、別注ポイントである光沢のあるテープもポイント。ゴツっとした印象ではなく、女性らしい華やかさを演出してくれます」

TOP