JOURNAL

定番ソールから紐解く、人気&新作モデルを解説!

「SHAKA」からは今季も多くの新作が登場しますが、様々なモデルに採用されている定番ソールをまずはご紹介。ベーシックながらも細部までこだわったこのソールが、一体どういったものなのかを解説すると共に、定番から新作まで3つのモデルをご紹介します。

さまざまな角度から快適性を追求したソール

ミッドソールEVAを用いた特別な製法で作られたこちらは、弾力性のあるEVA素材を2層に重ねることで包み込むような足入れを実現。軽くクッション性の高い履き心地が魅力です。またラバー製のアウトソールは“Shark Tooth Grip”と呼ばれ、サメの歯のように細かな突起がいくつも施されています。その突起は角度を変化させることによって、多方向へグリップできる仕組みになっています。土踏まず部分の形状もこだわりの一つ。アーチ状に少し盛り上がった形状にすることで、足に負荷がかかりにくいように工夫しています。

あらゆるファッションに馴染む万能モデル

NEO BUNGY

ミニマルで洗練されたルックスのNEO BUNGYは、屈指の人気モデル。幅広のテープはしっかりと足全体をホールドするだけでなく、足元で程よいアクセントに。そのテープの内側にはネオプレン素材を採用し、快適な着用感を実現しました。さらにオリジナルのプラスチックパーツも付いており、着脱時のストレスを軽減してくれます。

モードスタイルにもハマる繊細なデザイン

RIVER GUIDE

ストラップに光沢のある細いナイロンテープを使ったモデル。素足で履いた際に肌が見える面積が多いため、繊細かつ都会的な印象に。モードなスタイルに合わせても様になります。ミッドソールEVAの快適な履き心地はもちろん、甲や足首など3ヶ所のアジャスターでフィット感を調整できるのもポイントです。

旬のアニマル柄を採用した突っ掛けタイプ

X-PACKER COWHAIR

アッパーには牛革を使い、アニマル柄のグラフィックを落とし込んだインパクト抜群のモデルです。アッパーの表面には起毛感のあるリアルファーをあしらい、ゴージャスな雰囲気を演出。シンプルなスタイルのアクセントに最適です。かかとにストラップがないスライドサンダルタイプですので、普段使いとして気軽に履けます。

TOP