JOURNAL

人気スタイリスト4人の「足もとはSHAKA」私服コーディネート

世代やスタイルの違う男女4人のスタイリストが、SHAKAを合わせた私服コーディネートを披露。4人4様の着こなしのポイントやSHAKAの魅力をうかがいました。





 

01. SHAKA STYLE

ー MASASHI SHO WITH SNUG CLOG



庄 将司さん

『UOMO』『MEN’S NON-NO』などメンズファッション雑誌を中心に活躍。オーセンティックからストリートまで守備範囲が広く、トラッドベースでありながらエッジをきかせたスタイリングに定評がある。



ダウンサンダルにはトラッドな要素をミックスして

「ネイビーが自分のスタイルのベースカラーで、ワントーンでまとめるのも好きです。最近のマイブームはジップパーカ。ブランドものではなくキャンバーのXLを選んでビッグシルエット風に着ています。SHAKAのスナッグクロッグはネイビーと好相性のオリーブをセレクト。アンユーズドのチェックシャツとともに着こなしのアクセントにしました。ボトムはCDG×ステューシーのビーチパンツ。リラックス感のあるワイドシルエットですがピンストライプのようなトラッド柄を選んで、ストリートに振れすぎないようにまとめました」

「高機能のシンサレート™中綿が入っているからサンダルとはいえとても温かくて、冬場でもまったく問題ありません。リップストップ素材というのも品があって好み。オリーブ色はバブアーのジャケットのようなトラッドアイテムとも相性がよさそう。ぜひトライしてみたいですね」







02. SHAKA STYLE

ー YUMENO OGAWA WITH SCHLAF MOC



小川夢乃さん

モード系ファッション誌を中心にカタログや広告など幅広い媒体を手がける。ヴィンテージにも造詣が深く、モード感のあるスタイリングを得意とする。



デニムセットアップ&ファーコートにモックシューズで抜け感を

「気分的には2000年代初頭ぐらいのファッションが今またいいなと思っています。今までワンピースを着ることが多かったのですが、最近はもっぱらパンツ。きょうはLAのヴィンテージショップで見つけたフレアジーンズにA.P.C.のデニムジャケットをセットアップ風にして着ています。Hブランドの色鮮やかなファーコートで華やかさを添えつつ、足もとはSHAKAのシュラフ モック。ネオンカラーの市松模様のバッグで色を差しました。フェミニンなスクエアトウパンプスを合わせるようなスタイルですが、あえて違和感を入れるのが自分流。だからボリューミーでコロンとしたアウトドア調のシュラフ モックでハズしています」

「サボサンダルが好きなんですが、同じような感覚で履けてしかも温かい!インソールはクッションがきいていて履き心地も最高です。プルストラップが前後についているから脱ぎ履きもしやすいし。服はモノトーンにしてタイツだけ白、なんてモード感のあるコーディネートもよさそうです」







03. SHAKA STYLE

ー TOMOYUKI SASAKI WITH SCHLAF BOOTIE



佐々木智之さん

アウトドアファッション雑誌『GO OUT』の看板スタイリスト。山登りが趣味でアウトドアに精通するが、ブランドのカタログなども手がけ、モダンで都会的なコーディネートにファンも多い。



ナイロンブーティと素材感を合わせたモノトーンスタイル

「私服はいつも黒やグレー系。デザインされたアイテムよりもシンプルなものが好きで、目立たないけれど洒落ているという着こなしを意識しています。きょうはシエラデザインズのダウンジャケットにアイスブレーカーのパンツ、SHAKAのブーティーに合わせてナイロン系の素材でまとめました。インナーはTシャツ&シャツにメリノウールジップシャツと素材感をかえ、色をグラデーションにしたレイヤードに。アウトドアブランドのものばかりですが、モノトーンやミニマルなデザインを選んでアーバンなスタイルに落とし込んでいます。シュラフブーティはボリューム感があるので、ダウンジャケットはXXL。オーバーサイズにしてバランスをとりました」

「軽くて温かくて、履き心地もいい感じです。ドローコード付きで履き口が少しだけ絞れるから、トップスとのバランスによってはブーツインもありだと思います。靴と洋服の素材感をそろえるように心がけています。ダウンブーティはスポーティなアイテムとのマッチングを楽しみたい」







04. SHAKA STYLE

ー MOENA WITH SNUG CLOG



moenaさん

カジュアルファッション誌『mini』のFASHION NEWSやECサイトのスタイリングなどを手がける。トレンドに敏感で同世代に共感されるキュートなスタイリングが持ち味。アニマル柄がトレードマーク。



ニットワンピースにレオパード柄サンダルでトレンド感を

「この秋、髪色を金髪に染め変えました。今まではビビット系で私服もポップな配色が多かったのですが、ベージュやブラウンのようなシックな色が似合うようになりました。もともとアニマル柄が好きなので、SHAKAのスナッグクロッグも迷わずレオパード柄。ソックスも自分にとって重要なアイテムだから冬サンダルは大歓迎です。今日はベルスリーブのニットワンピースとアパートバイローリーズのレオパード柄ジャケットにSHAKAをコーディネート。色数を抑えて大人っぽくまとめました。柄モノを取り入れるときはあまりデザインの入っていないものを選ぶようにしています」

「すごく軽くてびっくりしました!温かいから冬でもヘビロテしそうです。今日はアンクルとかかとにラメの入ったソックスを合わせています。歩くたびにソックスが見えるのもうれしい。かかとのストラップを取り外してスリッパみたいに履くこともできるんですよね。アウトドアのアイテムは機能的で本当に使いやすいです」

TOP